投稿日:2021年6月15日

外壁メンテナンスをしないとどうなるの?

こんにちは!
埼玉県坂戸市に拠点を構え、橋梁塗装工事・鋼構造物塗装工事、外壁などの塗装工事や外壁リフォームの工事を手掛ける、ペンシャル株式会社です。
弊社は、関東一円で活動しており、日々お客さまにご満足をいただける高品質な施工を心掛けております。
「外壁メンテナンスって必要?」「メンテナンスしなかったらどうなるの?」という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、「外壁メンテナンスをしないとどうなるの?」をテーマにお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

外壁メンテナンスが必要なワケ


外壁のメンテナンスとは、塗料を使って外壁を塗装することです。
塗装を行うことで外壁材の劣化を防止し、さびやコケなどの発生や、経年劣化による変色や色あせを防ぐことができるのです。
外壁の塗装を定期的に行うことで、「自然環境による風雨や紫外線、汚れなどの環境ダメージを抑える」「美観を保つ」「外壁を雨水から守るための防水性」といったメリットを得られます。
自然環境によって発生するダメージを防ぐ効果は特に重要です。
家は常に雨風や紫外線を浴びています。
そのため、これらのダメージから外壁を守る保護膜として塗装が必要になります。
最近では、遮熱機能や防水機能などの機能を備えた塗料もたくさん販売されています。
そういった機能性塗料を使用することで、より自然環境によるダメージを防げるでしょう。
メンテナンスフリーの外壁は存在しないため、ほとんどの外壁で塗装メンテナンスが必要です。
タイル外壁ではほぼメンテナンスが不要ですが、初期工事費用が高くなるというデメリットがあります。
また、樹脂系サイディングは、メンテナンスの手間が少なくて済みます。

外壁材別メンテナンス時期の目安

外壁は、種類によって性質が異なります。
そのため、適切なメンテンス時期も変わってきます。
また、適切なメンテナンスを行っていても、いつかは外壁材の寿命が訪れます。

サイディング

メンテナンスとして塗装を行うタイミングは、10~20年です。
外壁材交換までの耐用年数は、20~30年です。

モルタル

メンテナンスとして塗装を行うタイミングは、10~20年です。
外壁材交換までの耐用年数は、適切な補修を続ければ30年以上とされています。

タイル

タイルそのものはメンテナンスが不要です。
メンテナンスとしては、目地部分の補修を行います。
メンテナンスのタイミングは、25~30年です。
外壁材交換までの耐用年数は、30年以上とされています。

ALCパネル

メンテナンスとして塗装を行うタイミングは、10~20年です。
外壁材交換までの耐用年数は、50年以上とされています。

外壁のメンテナンスをしないと起こる問題とは?


外壁メンテナンスをしていなければ、「景観が悪くなる」「ひび割れから水が浸入して外壁材を劣化させる」「雨漏りが起こる」といった問題が起こります。
外壁は常に目に入る箇所です。
ひび割れや塗装の剥がれが多発すると、見た目が悪くなってしまいます。
また、ひび割れなどから水が浸入して、外壁材を侵食してしまう恐れもあります。
そうなれば、外壁の交換時期が早まってしまいます。
結果的に、メンテナンスをするよりも高額の費用必要となることも考えられるでしょう。
ひび割れや破損部位から雨水が浸入して雨漏りが発生するケースもあります。
雨漏りを直すための修理費用が余計に増えてしまいます。
また、放置すると外壁材が劣化したり、建築材が侵食されたりして、最悪の場合は住宅の建て直しが必要となってしまう可能性もあります。
家を長持ちさせ、費用を最小限に抑えるためにも、適切な時期に、定期的なメンテナンスを行うことが大切だといえます。

塗装工事のエキスパートにお任せください!

ペンシャルでは、現在、橋梁塗装工事や鋼構造物塗装工事、コンクリート橋の補修・塗装工事、床版の補強工事の新規受け付けを行っております。
創業以来、数々の現場にて実績を積んでまいりました。
長年の経験を活かし、「実績と信頼の塗装で まちの明日を鮮やかに」をモットーに、各種工事を通してより良い街づくりに貢献いたします。
戸建住宅やマンションなどにおける外壁塗装工事・外壁リフォームのご相談も承っております。
安全管理を徹底した、高品質な塗装工事をお届けいたします。
塗装工事のエキスパート、ペンシャルにぜひご依頼ください。
まずはお気軽にメールフォームからお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ペンシャル株式会社
〒350-0206  埼玉県坂戸市中小坂975-8


お問い合わせ  各種募集