投稿日:2020年10月31日

橋梁塗装の方法とは?

こんにちは!埼玉県坂戸市を拠点として、橋梁塗装工事、外壁塗装工事、外壁リフォーム工事などを施工しているペンシャル株式会社です。
塗装工事を通して地域の皆さまに貢献できるよう、日々尽力しております。
今回は、橋梁塗装の方法についてご紹介します。

下地処理、養生、下塗り


橋梁を塗装する前は、下地処理として古い塗装を剥がし、錆を落とすことが必要です。
橋梁は錆が発生しやすく、錆が発生した状態で塗装すれば、内部が錆ですぐに腐食します。
また橋梁は塗料がつきにくいため、塗料は下地処理を行わないと剥がれやすくなるからです。
十分に下地処理を行うことによって、塗装の仕上がりがきれいになります。
塗装の前に、余分なところに塗料がつかないよう、養生用マスカーなどで養生を行います。
養生用マスカーというのは、ビニールが布テープの端についているもので、広範囲に養生することができるものです。
橋梁の鉄の部分は塗料がつきやすくなりますが、非鉄の部分のアルミニウム、銅、ステンレスなどは、鉄の部分と比較すると塗料がつきにくくなります。
そのため非鉄の部分に塗装するときは、プライマーを使います。
塗装する前に下塗りしておくことによって、塗料が非鉄の部分につきやすくなるからです。
プライマーは、錆止めの効果が期待できるものがおすすめです。
なお非鉄の部分のうち、アルミニウムなどはとくに塗料がつきにくいため、サンドペーパーを使ってプライマーを塗る前に表面を磨いておく必要があります。

塗装、仕上げ

橋梁は、細かいところを塗装してから広いところを塗装します。
広いところから先に塗装すれば、細かいところを塗り残すこともあるからです。
広いところはローラーを使って、細かいところはハケを使うと、効率よく塗装ができます。
橋梁を塗装する鉄用の塗料は、ほとんど一度塗りのものです。
重ね塗りの必要はなく、一回の塗装で仕上げができます。
なお橋梁をスプレー塗装するときは、厚めに塗膜を仕上げるために、塗料が乾いた後に重ね塗りを行うと仕上げがきれいになります。

ペンシャルへご相談ください!


橋梁塗装工事は、実績と信頼があるペンシャル株式会社にお任せください!
弊社には、塗装工事のエキスパートが在籍しており、多くの実績を積み重ねてきました。
真摯に作業に取り組み、高品質な塗装をご提供しております。
ご依頼、ご相談などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【求人】ペンシャルでは新規スタッフを募集中!

ペンシャル株式会社では、業務拡大につき、一緒に働いてくれる塗装工を募集中です。
経験者・未経験者は問いません。
やりがいを見つけられる弊社で働きませんか?
ご興味がございましたら、ぜひ求人ページをご覧ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

ペンシャル株式会社
〒350-0206  埼玉県坂戸市中小坂975-8


関連記事

【求人】「塗装工」になるためには?

【求人】「塗装工」になるためには?

埼玉県坂戸市の建設業者『ペンシャル株式会社』では、ただいま塗装工事に携わってくださる方を求人募集して …

【求人】プロが解説!塗装工事を行なう上での資格の必要性

【求人】プロが解説!塗装工事を行なう上で…

「塗装工になるために資格は必要なのかな?」 今回は、このような疑問をおもちの方に向けて情報を発信いた …

【施工実績1】S企業 鋼構造物塗装工事

【施工実績1】S企業 鋼構造物塗装工事

施工事例を追加しました。 …

お問い合わせ  各種募集