投稿日:2021年7月15日

コンクリートに塗装工事が必要なワケ

こんにちは!
埼玉県坂戸市に拠点を構え、橋梁塗装工事・鋼構造物塗装工事、外壁などの塗装工事や外壁リフォームの工事を手掛ける、ペンシャル株式会社です。
弊社は、関東一円で活動しており、日々お客さまにご満足をいただける高品質な施工を心掛けております。
コンクリート橋には塗装工事を施しますが、「なぜ塗装が必要なの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、コンクリートに塗装工事が必要な理由を解説したいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

内部の鉄筋を守る


コンクリート橋に塗装工事する理由の一つは、「内部の鉄筋を守るため」です。
実はコンクリートには微細な隙間があります。
そのため、素のままでは水分などが浸入する恐れがあるのです。
そして、コンクリート橋の内部に水分が浸入すれば、内部の鉄筋にさびを生じさせかねません。
また、さびた鉄筋が膨張すると、コンクリートの表面にひび割れが生じ、より水分が浸入しやすくなります。
コンクリート橋に防水性の高い塗料を使って塗装することで、内部に水分が浸入しにくくなり、内部の鉄筋を守れるようになるのです。

剥がれを防ぐ

コンクリート橋に塗装を施すもう一つの理由は、「コンクリートの剥がれを防ぐため」です。
上記の通り、コンクリート橋の内部の鉄筋がさびると、コンクリート表面にひび割れを生じさせます。
ひび割れから水分が浸入し続ければ、ひび割れはひどくなり、コンクリートが大きく剥がれるリスクがあるのです。
塗装を施すことで、コンクリート橋の耐久性が上がります。
また、ひび割れや内部の鉄筋を守ることができ、コンクリートが剥がれるなどの大きな損傷も防げます。

ひび割れ・剥がれは補修が必要

コンクリート橋にひび割れや剥がれが生じたときは、塗装ではなく補修工事が必要です。
ひび割れの場合は、補修材を注入することで状態の改善を図ります。
剥がれなどの大きなトラブルを未然に防ぐためにも、ひび割れの段階で対処することが理想的です。
そして、剥がれが生じたコンクリートは、まず内部の鉄筋に生じたさびなどを取り除き、防錆の処理を施します。
その後、コンクリートのひび割れを防ぐために中性化を抑制する処置を施し、剥がれた部分を埋め戻すという施工が必要です。

塗装工事の依頼を検討されている方へ


ペンシャルでは、現在、新規お取引を受け付けております。
橋梁をはじめとする大型建築物の改修工事や外壁塗装を主力業務としています。
戸建て住宅やマンションなどの外壁塗装工事・外壁リフォームも対応可能です。
また、コンクリート橋の補修・塗装工事や床版の補強工事、鋼構造物塗装工事についても多くの実績があります。
高品質な塗装工事で、ご依頼主様からのご期待にお応えします。
まずはお気軽にメールフォームからお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ペンシャル株式会社
〒350-0206  埼玉県坂戸市中小坂975-8


お問い合わせ  各種募集