こんにちは!埼玉県川越市を拠点として、土木分野の橋梁塗装工事などを施工しているペンシャル株式会社です。

あまり知られていない橋梁塗装。
今回のコラムは、塗装が必要になるケース3選と題してお送りいたします。


新設時の橋梁塗装

文字通り橋を新設する際に行う塗装で、橋梁の耐久性を担保するための大切な工事となります。

塗装後に行う厚膜検査とは塗膜の厚さを調べるものなのですが、数ミクロン単位の厳格な検査です。
塗膜の厚さが耐久性に関わるため、規定値に達するまで丁寧に塗装を行います。


橋梁の塗替え塗装


橋梁の健全性を担保するために行われます。
橋梁管理事業者による塗膜調査という定期検査で、塗替えが必要と判定された場合に塗替え工事を実施します。

橋梁の耐久性を保つことが主な目的であるため、塗装後にも厳密な検査を行い、既定の数値になるまで補修をくり返します。

塗替えの場合は素地が均一でないため、膜厚検査を実施してもちゃんとした結果が得られません。
そのため塗料の使用量で換算するのが一般的です。


復興工事

起こってほしくないものですが、台風や地震などの災害が発生した場合には復興工事が必要となります。

一刻も早く通常の生活を取り戻すためにも、復興工事は必要不可欠なものなのです。


橋梁塗装をやってみませんか?



ここまで橋梁塗装が必要になるケース3選についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
梁塗装工事は、社会に貢献できる素晴らしい仕事です!
本コラムを読んで、ご興味を持っていただければ幸いです。

ペンシャル株式会社では業務拡大につき、一緒に働いてくれるスタッフや協力会社を募集中です。
未経験でも意欲優先で採用しますし、会社負担による資格取得制度もありますのでステップアップも可能です。
ご興味がございましたら、ぜひ求人ページをご覧ください。


橋梁塗装工事はペンシャル株式会社へ!

橋梁塗装工事は、信頼と実績のペンシャル株式会社にお任せください!
ご依頼、ご相談などがございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。